紅葉シーズンのアクティビティのご紹介

志賀高原の紅葉の楽しみ方

9月下旬から11月まで楽しめる志賀高原の紅葉

志賀高原の紅葉は1か月半も続くってご存知でしょうか? 紅葉、黄葉、褐色と様々な木々があり、また標高1,300m~2,300mに広がる志賀高原では9月下旬から11月上旬まで紅葉シーズンが続きます。
見どころとしては奥志賀渓谷、カヤの平など奥志賀高原近隣では9月末から紅葉が始まり、10月上旬に見頃を迎えます。トレッキングなどを楽しみながら紅葉を見るのがお勧めです。標高2,307mの横手山も同時期に見頃を迎え、山頂満天ビューテラスからはスケールの大きい景色と共に紅葉を楽しめます。雲海で話題の竜王ソラテラス(SORA Terrace)も奥志賀から1時間以内でアクセスでき、ロープウエイから見下ろす紅葉と山頂テラスから広がる雲海と紅葉は一見の価値があります。それ以外にも志賀高原には数々の紅葉スポットがあり、9月下旬から1か月以上も紅葉を楽しむことができます。
また秋は食欲の季節となります。きのこ類をはじめ信州の旬の食材を取り入れた料理、またそれらの料理に合うワインや日本酒をご用意しております。昼間は紅葉狩りを楽しみ、秋の夜長はお食事を楽しむ、そんな過ごし方はいかがでしょうか?

写真

奥志賀高原の紅葉

(見頃: 9月末~10月中旬)

焼額山や岩菅山など奥志賀高原の山々は9月下旬から色づき始めます。空中露天風呂やお部屋から周りの山々の紅葉を見ながらゆっくり過ごすにのは何とも贅沢な時間です。10月12日(土)~14日(月)の3連休は毎年恒例の紅葉フェスタも開催され、多くの出店、野菜の直売やビンゴ大会などもお楽しみいただけます。またこの期間は奥志賀高原ゴンドラも運行しますので、焼額山山頂の散策や稚児池トレッキングなどもお楽しみいただけます。奥志賀高原ゴンドラが夏季期間に運行するのはこの時期のみになり、神秘的な稚児池の紅葉を簡単にお楽しみいただけます。

写真:美しい奥志賀高原の紅葉
紅葉・黄葉・褐葉のコントラストが美しい奥志賀高原の紅葉。

写真:紅葉と雲海
ホテルエントランスから見える紅葉と雲海。

奥志賀渓谷の紅葉

(見頃: 9月末~10月中旬)

トレッキングコースとしてグリーンシーズンの定番となっている奥志賀渓谷ですが、紅葉の時期が最も彩り豊かな時期となります。ブナやミズナラの落ち葉で創った道はふかふかの布団の上を歩いているような感覚になり、またグリーンターフや大滝などの水流と紅葉の色のコントラストは一日見ていても飽きないほど美しい光景となっております。

写真:ブナ原生林が創った落ち葉の道
ブナの原生林が創った落ち葉の道の散策は格別です。

写真:紅葉が荘厳な大滝の味わい
紅葉が荘厳な大滝の味わいを増します。

写真:グリーンターフと紅葉のコントラスト
グリーンターフと紅葉のコントラストはまさに絶景です。

写真:三段の滝の急流に流れる落ち葉
三段の滝の急流に流れる落ち葉を眺めるのも楽しいです。

写真:雑魚川沿いの道
雑魚川沿いの道をゆっくり歩けます。

写真

◆奥志賀渓谷を楽しむベテランガイドによるトレッキングメニュー◆
(ホテル宿泊者向け)

【半日コース】 1,900円(お一人様)
奥志賀渓谷トレッキング
9:00 出発 → 11:30 頃帰着

【1日コース】 4,600円(お一人様)
奥志賀渓谷トレッキングと秘境秋山郷 探訪
9:00 出発 → 16:30 頃帰着(昼食・温泉入浴付き)

レンタルグッズもご用意にしております。
・シューズ 880円(一日)
・ポール(2本セット) 550円(一日)
・ポール(1本のみ) 330円(一日)
・レインウェア
  上下セット 880円(一日)
  片方のみ 550円(一日)

注: 表示価格については10月以降消費税増税に伴い変更になりますことをご了承ください。

カヤの平の紅葉

(見頃: 9月末~10月中旬)

志賀高原と野沢温泉の中間に位置し、秘境と言われる秋山郷にも近い、手つかずの大自然が残る高原です。日本一美しいと評されるブナの原生林を散策できる撮影スポットでもあります。北ドブ湿原・南ドブ湿原という2つの湿原が広がり、紅葉の時期は原生林の木々が特に美しくオススメです。また比較的平坦な場所となっており、遊歩道など歩きやすいのが特徴となっております。また森林セラピー基地にも認定されており、癒しのひとときを過ごすことができます。

写真:カヤの平の紅葉
カヤの平の湿原に広がる朝モヤと紅葉。

※上記奥志賀渓谷トレッキングメニューでカヤノ平をお選びいただくこともできます*。
 詳しくはホテルスタッフまでお願いします。
※複数の申し込みの場合は奥志賀渓谷のトレッキングが優先されることがあります。

秋山郷の紅葉

(見頃: 10月中旬~11月初旬)

信州の秘境と呼ばれる秋山郷は雪深い険しい山々に囲まれ、平家の落人として長年外界と離れた生活を保ち、独自の文化を育み伝えてきて来ました。自然と素朴な雰囲気を改めて楽しむことができます。秘境と呼ばれるだけあり秋山郷には夫婦滝に代表される数々の滝、非常に静寂な天池などの湖、柱状節理として有名な布岩など数々の自然が点在しており、それぞれの場所で見える紅葉は異なる美しさを堪能することができます。秋山郷には数多くの温泉があり、おすすめとしては奥志賀渓谷・カヤノ平でのウォーキングで一汗をかき、その後車で約30分の道のりの秋山郷で汗を流すという楽しみ方ができます。

写真:山肌を彩る紅・黄・緑のコントラスト
山肌を彩る紅・黄・緑のコントラスト。

写真:柱状節理の岸壁。
柱状節理の岸壁にも紅葉が点在してきれいです。

横手山の紅葉

(見頃: 9月下旬~10月中旬)

標高2,307mにある横手山山頂からは壮大な紅葉の景色を楽しむことができます。横手山の紅葉の魅力はそのスケールです。横手山から下界に広がる山肌は笹に覆われており、そこに針葉樹の緑色とモミジ・カエデ・ナナカマドなどの紅葉・黄葉が織りなすコントラストは見事です。山頂まではスカイレーターとリフトで一気に上がれます。山頂に上がると日本一高いところにあるパン屋さんとイギリス発祥の軽食パンのクランペットを提供するクランペットカフェがあり、景色を眺めながらおいしい食事も楽しめます。奥志賀高原からは車で45分ほどです。

写真:横手山からの壮大な景色
横手山からの壮大な景色。

写真:緑、赤、黄色のコントラスト
緑、赤、黄色のコントラスト。

横手山満天ビューテラスの詳細はこちら >>>

志賀高原のその他の紅葉

(見頃: 10月上旬~11月初旬)

志賀高原にはそれ以外にもたくさんの紅葉スポットがあります。赤の紅葉スポットとしてはの一沼、落葉樹が多く湖畔に映る姿が美しい丸池・蓮池付近や木戸池付近、10月下旬に見頃を迎える潤満滝付近など車で行けるところやトレッキングを楽しみながら行けるところがたくさんありますので、是非ともお楽しみください。

写真:一沼の湖面に映る美しい紅葉
一沼の湖面に映る美しい紅葉。

写真:沼・湿原を歩きながら楽しめる紅葉
沼・湿原を歩きながら楽しめる紅葉。

写真:青空との美しいコントラストが見える大沼池
青空との美しいコントラストが見える大沼池。

志賀高原の紅葉情報はこちら >>>

ソラテラスの紅葉

(見頃: 10月上旬~10月下旬)

雲海や絶景で話題のSORA Terraceですが、紅葉も見ごたえがあります。見どころとしては雲海×紅葉の組み合わせを満喫できることと、166人乗りロープウエイに乗りながら眼下に広がる景色を眺めながら紅葉を楽しめることができるということがあります。白樺やダケカンバが多い竜王では黄色がメインとなり、そこに赤や針葉樹の緑がコントラストとして入ってきます。山頂にはSORA Terrace Caféがあり、お食事やドリンクも充実しており、ゆっくりくつろぐこともできます。奥志賀からは車で50分くらいの道のりになりますので、奥志賀への往復の途中や奥志賀からの半日トリップで足を伸ばしてみるのはいかがでしょうか?

写真:ソラテラスの紅葉

ソラテラスの紅葉情報はこちら >>>

紅葉を楽しむガイド付きトレッキング

おすすめプラン

ご宿泊ご予約はこちらからどうぞ