《 春(4月・5月)のグランフェニックスの過ごし方 》

世界でも珍しい“スキー”דお花見”の両方を楽しめる春の志賀高原

真冬のパウダースノーでのスキーも奥志賀の魅力の一つですが、ゴールデンウィークまでスキーができる奥志賀高原では、春スキーとお花見を同時に楽しめるという贅沢な過ごし方ができます。北信は4月上中旬から桜、桃、菜の花、水芭蕉など多様な花が咲き始めます。朝スキーをしてからお花見を楽しむというアクティブな過ごし方もできますし、スキーのあとはホテルでゆったりと過ごすといったこともできます。万が一、雪が無くなっても北信の桜・菜の花などお花見をお楽しみいただけます。お花見をした後は美味しい食事と空中露天風呂を楽しむと言った過ごし方はいかがでしょうか?

《 アクティブ派 》

ゆったり派の方はこちらへ >>

5:30
起床

↓

6:00
朝一でスキー

きれいに圧雪されたバーンを思う存分シュプールを描いてください。じっくり3時間滑れます。

※早朝スキーの営業時間は曜日によって異なりますのでご確認ください

写真

↓

9:00
ゆったり朝食

たっぷり滑った後はゆっくり朝食。グランフェニックス自慢の和洋朝食をご堪能いただけます。

写真

↓

10:00
お花見に出発

山のふもとの湯田中、須坂、小布施を目指して出発!!

↓

11:00
小布施 岩松院/葛飾北斎天井画鑑賞

葛飾北斎の作による「八方睨み鳳凰図」の天井絵がある岩松院を見学。岩松院付近にはソメイヨシノや雁田山中のヤマザクラがあり、また飯縄山・戸隠山・黒姫山・妙高山・斑尾山の「北信五岳」も一望でき、眺望を楽しめます。

写真

↓

12:30
小布施にて昼食、散歩

その後小布施市内で昼食を取った後は、昼食後は千曲川ふれあい公園で桜や菜の花を楽しみながらお散歩。

写真

↓

14:00
宇木の千歳桜を見物!!

長野県天然記念物に指定されている宇木の千歳桜を見物。樹齢推定で850年となっており、県内で最も古い桜の一つです。

写真

北信のお花見スポットはこちらから >>>

↓

16:00
ホテルに到着

↓

16:30
大自然を眺めながらの空中露天風呂

「空中露天風呂」で夕日を眺めながらお風呂をお楽しみください。天然鉱石の効果もあり、体もポカポカ。またサウナや展望大浴場も併設されており、充実した時間を過ごせます。

空中露天風呂の詳細情報はこちら >>>

写真

↓

18:00
季節の旬を味わうディナー

1日を満喫したあとは食の宝庫・信州を中心に各地から取り寄せた厳選素材をイタリアン・和食・中華でお楽しみください。高原の風が“隠し味”です。

写真

↓

20:30
一日の締めくくりはラウンジで

6メートルの大きな窓から夜景を楽しんだり、暖炉の周りでゆっくりおしゃべりしながらお酒をお楽しみいただけます。

写真

↓

22:00
明日に向けてゆっくりお休みください

いかがでしたか?春のグランフェニックスは朝から夜までお楽しみが盛りだくさんです。ゆっくりお休みになり、翌日もお楽しみください。

《 ゆったり派 》

朝スキーした後は、ラウンジで読書やプールでのスイミング、空中露天風呂やサウナでのリフレッシュなどホテルライフをお楽しみください。

5:30
起床

↓

6:00
朝一でスキー

きれいに圧雪されたバーンを思う存分シュプールを描いてください。じっくり3時間滑れます。

※早朝スキーの営業時間は曜日によって異なりますのでご確認ください

写真

↓

9:00
ゆったり朝食

たっぷり滑った後はゆっくり朝食。グランフェニックス自慢の和洋朝食をご堪能いただけます。

写真

↓

10:00
ラウンジにてゆったり読書タイム

ゆっくり過ごしたいあなたはラウンジで読書タイム。コーヒーを飲みながら普段たまった本をゆっくりお楽しみください。

写真

↓

13:00
ゆったりランチ

今シーズンの一押しメニューである「牛フィレ肉ペッパーステーキ」で少し豪華なランチを堪能。

写真

↓

14:00
お部屋で一休み

朝早くからスキーを楽しんで少々お疲れ。お部屋でお昼寝。

↓

15:30
スイミングプールにてリフレッシュ

しっかりスイミングをするあなたも、プールサイドでのんびりするあなたもリラックスして過ごせます。

写真

↓

16:30
大自然を眺めながらの空中露天風呂

「空中露天風呂」で夕日を眺めながらお風呂をお楽しみください。天然鉱石の効果もあり、体もポカポカ。またサウナや展望大浴場も併設されており、充実した時間を過ごせます。

空中露天風呂の詳細情報はこちら >>>

写真

↓

18:00
季節の旬を味わうディナー

1日を満喫したあとは食の宝庫・信州を中心に各地から取り寄せた厳選素材をイタリアン・和食・中華でお楽しみください。高原の風が“隠し味”です。

写真

↓

20:30
一日の締めくくりはラウンジで

6メートルの大きな窓から夜景を楽しんだり、暖炉の周りでゆっくりおしゃべりしながらお酒をお楽しみいただけます。

写真

↓

22:00
明日に向けてゆっくりお休みください

ゆったりと過ごすホテルライフはいかがでしたか?ゆったり過ごした翌日はアクティブに過ごす一日はいかがでしょうか。

《 初春の北信はお花の宝庫 》

都心部に比べて約2週間ほど季節が遅れている北信では4月中旬から5月にかけて桜をはじめ多くのお花が咲きます。きれいなお花と共に北信の街並みをお楽しみください。 また早朝スキーの後にお花見観光もできますので、スキーもお花見も両方お楽しみいただけます。
※開花時期は平年の開花時期を記載しております。気象状況により時期が前後することがございます。

志賀高原のふもとで楽しめるお花

樹齢850年の宇木の千歳桜をはじめ、小布施の夜間瀬川土居の桜並木、飯山の菜の花公園の菜の花畑など桜、菜の花、桃の花など多くのお花をお楽しみいただけます。

写真

宇木の千歳桜

長野県天然記念物に指定されている宇木の千歳桜は樹齢推定で850年となっており、県内で最も古い桜井の一つです。山ノ内町の宇木地区には千歳桜を始めとする名木が点在しており「宇木の古代桜」と呼ばれております。見頃は4月中旬で、開花時期には桜祭りも開催されます。

写真

夜間瀬川沿いの桜並木

小布施町を流れる千曲川堤防の桜堤は、全長約4キロメートルにわたり、約600本の八重桜「一葉」が咲き誇ります。サイクリングコースも併設されており、そよ風を浴びながらのお花見をお楽しみいただけます。見頃はゴールデンウイークごろ。

写真

飯山菜の花公園

千曲川のほとり一面に咲き誇る菜の花の丘公園は唱歌「おぼろ月夜」の舞台となったほど有名な公園です。長野県のサンセットポイントに選ばれ、夕暮れの景色も千曲川が真っ赤に染められる光景は幻想的に見えます。見頃はゴールデンウィークごろ。

写真

飯山城址公園のしだれ桜

約400本のソメイヨシノが咲き乱れる飯山城址公園は、桜の見どころとして有名です。千曲川がすぐ横を流れているため桜のピンクと新緑が織りなす景色は信州の春らしさを演出します。見頃は4月中旬~下旬です。

写真

北竜湖の桜と菜の花

飯山市の北東に位置する北竜湖は湖がハートの形をしており神秘的な湖となっております。そのほとりに4月中旬から桜と菜の花が咲き乱れ、湖の青、山の緑と花のコントラストが美しく見えます。

写真

飯綱丹霞郷の桃の花

飯綱の丹霞郷はこの地を訪れた日本画家、岡田三郎助画泊が春霞の中に桃の花がたなびく景色を丹い霞とみたてて『丹霞郷』(たんかきょう)と名付けたという由緒ある場所です。飯綱山、戸隠山、黒姫山、妙高山、斑尾山、志賀の山をバックに桃の花をお楽しみいただけます。見頃は4月下旬になります。

写真

戸隠の水芭蕉

戸隠森林植物園の水芭蕉は花の大きさと密集度が非常に高く、非常に見ごたえのある水芭蕉となっております。50万株を超える水芭蕉の群落は歩道の両脇に広がっており、ゆっくり散歩をしながら楽しむことができます。見頃はゴールデンウィークごろ。

志賀高原近隣の代表的なお花見スポットをご紹介しましたが、上記以外にも多くのお花見スポットがございます。今年の春はスキーだけでなく、お花見を楽しむホテルライフはいかがでしょうか。